無趣味なおじさんが、車やバイク、ツーリングなどの他、キャンプなどの新たな趣味にチャレンジ!やった事のないあれこれをやってみます!サブタイトルは「Middle Age Holidays」

おじさんの休日日記

キャンプやツーリングなど、おじさんが様々な趣味にチャレンジ!

月川荘キャンプ場!初キャンプツーリング その②

月川荘キャンプ場!初キャンプツーリングその②(夜ご飯、焚き火の部)

f:id:ojiQ:20190409185303j:plain

「月川荘キャンプ場!初ソロキャンプその①」の続きです!

www.maholidays.jp

前回の記事では火を熾し、晩御飯の準備までしたので、そこから再開いたします!

 

本日の晩御飯のメニューは、とても簡単なステーキとオニオンスープ。

おじQは料理のセンスが無いので、簡単な物しか作れません!

焼くだけ、煮るだけ、炒めるだけの三大要素が重要なのです!

スープは玉ねぎ切ってコンソメ入れて火にかけるだけ。

ステーキも焼くだけです。

という事で、スープはグリルに置いてほったらかします。

そして、だいたいの準備が揃ったところでステーキ入りまーす!

f:id:ojiQ:20190409020137j:plain

そして完成!

f:id:ojiQ:20190409190943j:plain

40半ばのオジサンなので、一応野菜も摂らなければ!

という事で調理不要なプチトマトと、ステーキを焼く前にソテーした玉ねぎを添えて。

うん。まいうーです!

写真が暗くてイマイチですが…。

次回はもうちょっと凝ったものにチャレンジしても良いかな…。

そして、食後の淹れたてコーヒー!

f:id:ojiQ:20190409191235j:plain
焦って火起こししていた夕方頃とは打って変わって、ゆっくりと時間が流れて行きます。

焚き火を眺めながら乾杯

f:id:ojiQ:20190409014008j:plain

ところで、ビール飲んでるとトイレ近くなりますよね。

そして、やっぱりトイレに行く事に。

トイレは少し離れた第1駐車場サイトもある受付の近く。

少しめんどくさいが、歩きます。

第二駐車場サイトを出て、目の前の坂を下って行くと直ぐに目の前に水場もあり、その少し奥にトイレがあります。

思ったより近いじゃん!

トイレを済まし、来た道を引き返しますが、帰りは登り坂。

ここが意外とキツイ!!

f:id:ojiQ:20190409191853j:plain

※昼間に撮った写真です。

これを40半ばのオジさんが登りきった頃には息切れする程でした。

また、寝る前のトイレと歯磨きなどで来ると思うと億劫になります…。

そして戻って残りの薪を燃やし切ります。

f:id:ojiQ:20190409192326j:plain

一日の終わりのとても穏やかな時間。

そろそろ寝る準備をして歯磨きしに行きますか。

就寝!その前に!?

道具を持って、またあの坂を下り、水場まで。

トイレと歯磨きなどの寝支度を終え、心臓破りの坂に向かいます。

その時、夜空に何か光るものが。

ポワッと光り、ゆっくりと動き出し、帯を描きながら消えていきました。

そう、流れ星です!

そんなに星空か広がっているという訳では無かったのですが、逆にそれが流れ星を目立たせたのかもしれませんね。

結構デカめのヤツでしたので、もしかしたらUFOかもしれません!(違うけど)

少し得した気分で足取りも軽くなり、いざ、心臓破りの坂へ!!

でも、やっぱりキツイ!

この時22:00頃で気温は13度程度。

暑かった昼間とは違い、夜はみるみる冷え出しました。

焚き火も終わり体も冷え始めております。

サッサと寝てしまいましょう。

おじQの就寝スタイルはコットと寝袋

コットはDODのバッグインベッド

コット自体の横幅も70cmくらいなので、寝返りも問題無し!

 

そして、重要な寝袋はキャプテンスタッグの、多分コレ

 

この寝袋、対応温度15度ですが…。

とりあえず寝袋に身を包み、どんなもんかと。

寒くなったら枕代わりにしているUNIQLOのウルトラライトダウン(予備のため小さくして持って来てました)もあるし!

ということで就寝。

しかし!

朝4時頃、やはり寒くなり起床。

テント内の温度は7度くらいでした。

上着を一枚重ね着して、下半身はジャンパーをかけ再度就寝。

下からの冷気を感じましたが、気がついたら朝の7:30でした!

ペラペラの鹿番長でも全然大丈夫でしたね。

これが、もっと寒かったら凍えて寝付けなかったでしょうが…。

でも今度は銀マットでも用意して、コット+銀マットとかである程度までは大丈夫そうです!

まぁ今のところ冬キャンプをする予定もないので、この「コスパ最高!」の寝袋を暫くは愛用していきます!

朝はやっぱりホットサンドクッカーとパーコレーターで!

朝起きて、タバコを一服つけてから水場に歯磨きなどしに行きます。

そして、朝一から心臓破りの坂を登り、朝食の準備。

思ったより遅く起きてしまったので、サッとお手軽なホットサンドと淹れたてコーヒーを。

毎度ながらのホットサンドですが、昨日のハムチーズよりも少し手を加え、ウィンナーとチーズを挟んで調理開始。

f:id:ojiQ:20190409194937j:plain
やっぱり簡単でまいうーです!

月川荘キャンプ場のチェックアウトは10:00。

朝食も終え、食後の一服も完了したので、撤収開始!

8:45頃から始めましたが、やはり慣れていない事もあり、完了は10:20。

もう既に1組が場所取りに来ておりました。

この日も気温はぐんぐん上がり、汗だくになって作業し、そそくさと退散しました。

受付に行く必要は無いのですが、コーラを飲みに受付前の自販機まで。

撤収作業で汗だくだったので、コーラがうまい!

まだ、体がクールダウンできてないので、上着を着る事が出来ません。

なので、コーラをもう一本!

腕をまくり、ズボンの裾もまくり、ウロウロしながらクールダウン。

そろそろ帰りますか。

まだ暑かったけど、ゴアテックス素材のアウターを羽織り、冬用のグローブをはめ出発!

あー、暑い!

さようなら月川荘。また来ます!

f:id:ojiQ:20190409195254j:plain

そんなこんなで、おじQの初キャンプツーリングは幕を閉じるのでありました。

 初めてのソロキャンプで思った事

今回、初めてソロキャンプを、バイクでキャンプツーリングという形でやってみましたが、とても良かったです。

天候にも恵まれ、特に不自由なくキャンプできました。

キャンプの楽しみ方は人それぞれなのでしょうが、ソロの場合は全てを一人で作業することとなります。

居住空間を設営し、薪を割り、火を起こし、食事をする。

その「営み」を、自然の中で行う充実感!

本来の人間の生活はこういう事なのでしょう。

しかし、日々の生活の中で仕事や時間に追われる毎日を過ごしている我々現代人には、文明の利器により簡略化された生活がスタンダードとなり、このような「営み」を日々の生活に取り入れることは、到底できる事ではありません。

それを疑似的に行えるのがキャンプであり、ソロでの時間の過ごし方であり…。

なんかカッコつけてみました!笑

それを「楽しむ」といってしまう事こそ驕りではございますが…。

みんなでワイワイも楽しいですが、すべてを一人で行うソロキャンプという、ある意味忙しくて、ある意味暇な、そんな「とびきりの時間」を、今回のソロキャンプで楽しむことができました!

また、この至福の時間を味わいに行きたいと思います!! 

遊び回る道楽亭主を奥様と気候が許す限り…。

※追記

そして再び嵐山渓谷月川壮キャンプ場にお邪魔しました。

台風明け嵐山渓谷は!?

www.maholidays.jp